長期投資は分散させすぎず、ナンバー1だけ狙えばいい。

テンバガー狙いの超分散投資で
保有資産2.5億円の愛鷹(あしたか)さん。

2008年から投資を始めて
2015年に資産1億円を達成。

トータルの投資金額は6000万円で
現在800銘柄を保有中だと言う。

生活費を除いてすべての給料を株に突っ込む。
医薬業界で働くサラリーマン投資家ですので
年収は600万~800万円か?
(年齢は2021年時点で42歳くらい)

趣味が自転車旅行なのでとても質素。
(バフェットさんも質素。投資家とはそういうもの)

目標は配当金だけで老後を過ごせること。
今は年間300万円程度なので
1000万円までに増やしたいと張り切っている。

彼は損切りせずに
株価下落時にはナンピンすることもある。
それでも1銘柄20万円~50万円に収める。

リーマンショック時に株をスタートしたので
下落相場か低迷相場の中にあって
辛抱を余儀なくされたことと思います。

そんな時代でも成長していく会社はあるもの。

彼は事業の将来性を重視する。
2ケタ増益を続ける5倍高が期待できる銘柄を
適時開示情報の中から毎晩探す。

「まずは株価5倍になるかどうかを見極める」

・国策期待銘柄
・時価総額300億円以下
・株式分割

この条件が揃うとテンバガーになりやすい。

少し僭越ですが、
私に愛鷹さんの矛盾を指摘させてほしい。

彼は配当で老後の生活を送りたいとしていますが、
小型株というのは無配が多い。
なぜなら配当に回す資金があるならば
事業に振り向けて
更なる事業拡大を目指すのが成長株というもの。
(配当2重課税ですし)

もし配当を狙いたいならば
小型株より優良大型株を選定すべきだと思う。
タバコのJTとか。

それと本業の仕事をやりながら
800銘柄も保有していると、
もうワケが分からなくなる。

買ったら忘れて
株価も見ない
ほぼ放置プレイでしょうね。

10兆円の資産を持つバフェットが
800銘柄ならまだ分かるが、
80でも多いと思う。
8銘柄ほどに絞ってはいかがでしょうか?

その業界ナンバー1銘柄だけを買えば
それほど下がることはない。

配当利回りと株主優待をチェックして
あとは放置。

これが長期投資の心得ではないかなと
私は考えております。
(私はスウィングですが)

(参考雑誌)

★愛鷹さんが注目しているテンバガー候補

・ギグワークス(2375)
・ランサーズ(4484)
・Lib Work(1431)
・リスクモンスター(3768)
・日本M&Aセンター(2127)
・チャームケアコーポレーション(6062)
・ケア21(2373)
・オークファン(3674)
・Mマート(4380)
・グレイステクノロジー(6541)

この中で私はLib Workがいいなぁと思う。
小型集中投資の遠藤洋さんも推薦してましたし。

でも長期投資希望ならば
すべて対象から外れます。
ナンバー1ではないから。

タイトルとURLをコピーしました