株主優待と企業価値(バリュー投資)のv-com2さん

株主優待はファンダメンタルの一部。
参考にできるとv-com2さんは言う。

21世紀投資
v-com2さんのブログです。最近の記事は「来週のガイアの夜明けでテレビ出演予定・・・・TOBのNTTドコモをストップ高で100株買えた」です。

彼の得意とするのは昇格投資

地方上場の会社が
東証1部へと昇格していく時
企業価値を見直されて
株価が上がっていく。

グロース投資(成長株)とバリュー投資(割安株)

彼の手法はグロース投資のような気がしますが、
企業価値に目を向けているのは
どちらも同じ。

例としてクロザワ(8104)
札幌市場の2016年9月
QUOカードを優待として発表。
その時は東証昇格には時間がかかるとして見送る。
2018年になると東証2部に昇格すると発表。
次の日はストップ高。
彼は「もっと前に買っておけばよかった」と嘆く。
会社の中身を調べるとPERもPBRも割安。
(彼はPBRを重視)
だから買い継続し、東証1部に昇格した時に売却。

現在昇格投資法は一般に広まってしまったため
昇格翌日暴落も起こっている。

「投資は200%自己責任」
と彼は強く忠告している。

タイトルとURLをコピーしました