ギャンのピラミッティング

ギャンはナンピン(難平)を厳禁にしている。
逆に利乗せを推奨する。

彼のやり方はこうです。

発行済み株式数が多いものを追撃売りしていき、
少ないものを買い増ししていく。

※空売りの利乗せを追撃売りと言い、
買いの利乗せを買い乗せと言う。

※ついでにナンピンとはナンピン買いのことを言い、
売りのナンピンのことを売り上がりと言う。

(通じれば特に問題はないですが、
念のためにも覚えておきましょう!)

ギャンの場合は
利乗せのたびに建玉を減らしていくようです。

例:1000株→500株→300株→200株→100株

※この利乗せのことをピラミッティングと言う。

エントリーのタイミングは
抵抗線と支持線を割れたら実行するそうです。

建玉を増やしていけば
含み益が爆発していきますが、
逆方向に転換した時には
すべての含み益が飛びます。

私はギャンと同じく
少しずつ建玉を減らしていくか、
同数を打ち込んでいこうと考えています。

「上がるものはどんどん上げていき
下がるものはどんどん下げていく」

過去チャートを調べて
そういうクセのある銘柄を選びましょう!
(FXの場合は分かりません)

【参考】ギャンの28のルール

ギャンの28ルールは現在も通用する。
以下はウィリアム・ギャンという投資家の28のルールです。 ちょっと読んでみて下さい。 1、リスクに晒す資金は総資金の1割以下にする(10分割投資) 2、ストップロスは必ず置く 3、過剰売買はしない 4、トレーリングストップを活...
タイトルとURLをコピーしました