監視通貨は2つか3つまで。

Saiさんは株式ではなくFXトレーダーですが。

メイントレードはポンド円とドル円のみ。
他は一切やらないそうです。

過去検証して一番自分に合った通貨だったからだと。

「ジャムの法則」を知っていますか?

コロンビア大のシーナ・アイエンガー教授が
スーパーマーケットで
実際に行なった実験です。

・24種類のジャムを店頭に並べた時
・6種類のジャムだけを店頭に並べた時

好きなだけ試食してもいいとした。

試食に来た人は60%(24種類)と40%(6種類)

実際に購入してくれた人は?

24種類の方は試食に来た人の3%
6種類の方は30%

人は選択肢が多いと決定することを躊躇し
思考停止に陥りやすい傾向にある。

人は判断に迷ったり理解できないものには
お金を使って買わない動物です。
(お金を使う=お金を失う=痛み)

我々は1日に35000回も決断をしていると言う。
こんなに悩ませられると脳が決定疲れを引き起こす。

もう悩みたくない!
いっそ決定する行為を止めてしまおう、と。

これを『決定回避の法則』と言う。

彼女は人が自信を持って選択し満足できる数は
5~9種類と言っています。

Saiさんは2~3通貨に絞れと言っていますが、
株式トレーダーなら5銘柄でしょう。

資金量にも寄りますが
ホジションを持つ銘柄数は

100万円以下なら絶対1銘柄
300万円なら2銘柄以下
500万円なら3銘柄以下
800万円なら4銘柄以下
1000万円以上でやっと5銘柄
それ以上はご自由に。

というのはどうでしょうか?
(私は信用取引をおすすめしない)

本業の人と副業の人では
監視チェックできる時間にも制限がありますので、
1日に監視する銘柄は50~100と20以下ではどうでしょうか。

私は本業ではないので参考程度でお願いします。

Saiさんのブログ↓

投資家メンタリストSai
投資と心理学を融合させた投資
タイトルとURLをコピーしました